×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サンドバッグの通販|当サイトで一番人気はコレ!

スタンディングバッグDX

サンドバッグは、置くタイプよりも吊り下げ式の方が傾いたり、土台ごと動く心配がなくオススメですが、吊るす場所がなかったり、吊るすためのスタンドでは結局動いてしまうことがあるため、楽に設置できる置くタイプが結果として人気のようです。

左画像のスタンディングバッグDXは値段も手ごろで試しやすいというのも人気の理由、でも注意点があって、土台に砂や砂利が別途必要で、自宅内で行うなら床を傷つけないためにマットを敷いた方が良いです。

置くタイプは土台ごと動くと言いましたが、それほどハードな使い方をしないストレス発散程度の力なら、十分使えます。逆に筋力強化のために用いるなど、パンチ力やキック力のある方には騒音なども含めてストレスがたまるかもしれません。この点家庭でサンドバックを使うためには、ある程度我慢が必要です。

ストレス発散に最適 スタンディングバッグDX

サンドバック 吊るすタイプならこれがオススメ!

吊るすタイプのサンドバッグを探しているなら、こちらのセットがオススメ、個別に購入するより安いです。サンドバッグの大きさが選択できませんが、お得に購入できます。サイズに問題なければどうぞ。

吊るすタイプのサンドバッグでもストレス発散目的なら、動いてしまって使い物にならないということはないです。安定性を強化したサンドバッグスタンドとサンドバッグ、パンチングボールのセットです。


基本情報 価格
ファイティングスタンド4/BODYMAKER(ボディメーカー) 商品名 ファイティングスタンド4 17,115円
商品内容 サンドバッグとパンチングボールを同時に装着可能なサンドバッグスタンド。一畳分の空間があれば設置可能で、自宅でのストレス解消にぴったりです。 送料
1,575円
北海道・沖縄・離島送料別

サンドバッグ 個別に組み合わせて選ぶ

【74%OFF!】 サンドバッグスタンド  * サンドバッグ(サンドバック)【59%OFF!】 サンドバッグハードタイプ40×150 【高級レザー使用】  * 【49%OFF!】 パンチングボール  *

商品名:サンドバッグスタンド

サイズ:W100×D138×H200cm
サンドバッグ・パンチングボール別売
価格:8,400円
送料:3,150円
沖縄・離島:4,200円

商品名:
サンドバッグ ハードタイプ

サイズ:W40φ×H100cm(約40㎏)
価格:4,200円
送料:2,625円
サイズ:W40φ×H130cm(約45㎏)
価格:6,300円
送料:3,150円
サイズ:W40φ×H150cm(約50㎏)
価格:7,350円
送料:3,150円
沖縄・離島への送料はさらにプラス1,050円
取付けクサリ付き・中身入り
高級レザー製

商品名:パンチングボール

価格:2,940円
送料:1,050円
沖縄・離島:2,100円
サンドバッグ・パンチングボール別売り商品です。パンチングボールを掛けるアームはこの商品とパンチングボールを同時購入した場合に付属するので、サンドバッグ・パンチングボールとセットで購入するのがオススメです。
吊るすサンドバッグ オススメ

室内で使うなら床を保護するマットが不可欠

ベンチマット

室内でサンドバッグを使うなら、置くタイプにしろ、吊るすタイプをスタンドで使うにしろ、床には傷防止のためにマットを敷いた方がいいです。パンチやキックなどの衝撃があっても土台が安定して動かないということは、それだけ床にも力が働きます。器具のズレや滑りも防止するので便利です。マットは各メーカーから販売されていると思います。

当サイトでは、三つのメーカーの商品を紹介していますので、まとめ買いする場合は組み合わせに注意してください。また大きさの関係で同梱できるとは限りませんので、同じショップで買った方が必ず安くなるとは言い切れません。価格と送料を計算して選んだ方がお得に購入できます。

打撃練習、トレーニング・ダイエットやストレス解消に効果を発揮するサンドバッグ。ボクシングジムでのダイエットにも用いられるように自宅・家庭用でも人気な器具です。後はパンチの打ち方を学べば、有酸素運動と無酸素運動が両方含まれた効果的な脂肪燃焼や筋肉増強を促せます。サンドバックだけで痩せようと思うなら、スポーツジム等で指導してもらうことがおすすめです。

ストレス発散や発汗にぴったりなので、お風呂前に汗をかいてお風呂に入るとすごく気持ちいい。父の日のプレゼントにもオススメです。

サンドバッグには、立てるタイプと吊るすタイプがありますが、吊るすタイプの方が安定感がありおすすめです。40キロ~50キロの重量のある吊るすタイプですので、吊るす場所に注意して選びましょう。

Copyright © 2011 サンドバッグの通販|サンドバックでストレス発散· All Rights Reserved·